jump to navigation

AppleTV 2Gが原因でWiFi接続が不安定になる? 2011年5月2日

Posted by sei in AppleTV, WiFi.
add a comment

最近ウチのWiFi環境が安定せずルーターの異常を疑ったりクライアントのネットワーク設定を変えたりと色々やってみたが、どうやら原因はAppleTV 2G(ATV2)にあるらしいことがわかった。

電源を入れっぱなしにしていたのですっかり存在を忘れていたが、ルーターのログを見ると特定のmac(Media Access Control address)アドレスの妙な振る舞いに気づいた。以下にログを抜粋する。

———————————————————————–
2011-04-29 22:36:34 wless -12.ntc: PTK 4-way handshake failed, STA 58:55:ca:1c:aa:**
2011-04-29 22:36:34 wless -21.ntc: Deauthentication sent, STA 58:55:ca:1c:aa:**
2011-04-29 22:37:24 wless -17.ntc: Authentication request received, STA 58:55:ca:1c:aa:**
2011-04-29 22:37:24 wless -18.ntc: Authentication succeeded, STA 58:55:ca:1c:aa:**
2011-04-29 22:37:29 wless – 0.ntc: Association request received, STA 58:55:ca:1c:aa:**
2011-04-29 22:37:29 wless – 1.ntc: Association succeeded, STA 58:55:ca:1c:aa:**
———————————————————————

58:55:ca:~ から始まるmacアドレスはググってみるとAppleTV 2Gで、同じような現象がAirPortExpressを使用している環境でも発生していた
ポイントは”Deauthentication“あたりでATV2がスリープに入るタイミングで現れているようだ。
試みにATV2の電源ケーブルを久しぶりに抜いてみると現在は快適な接続が回復し、無事に心の平穏を取り戻せた。
もしAppleTV 2Gを所有していてWiFiがグダグダになったらATV2の電源ケーブルを引っこ抜いてみることをオススメする。

広告