jump to navigation

iCloudを支えるWindows 2011年9月4日

Posted by sei in cloud, iOS5, Lion, Mac OS X, social.
Tags:
1 comment so far

Steve Jobsもイマイチだと認めざるを得なかったMobileMeサービスは単独の外部データセンタープロバイダに依存していました。捲土重来を期しiOS5でiCloudが高らかに宣言されて以来、どのクラウドサービスプロバイダが使われるのかについてiOS5ベータ版のパケット解析などから色々と伝えられてきましたが、ようやくほぼ全体が明らかになってきました

iCloudサービスの立ち上がりではAppleのNorth Carolinaに建造したての12ペタバイトを誇る巨大データセンターではなく、Microsoft Azure と Amazon AWS(Amazon Web Services) のクラウドサービスを採用し、やがてはどちらかの一方もしくは一部をAppleでまかなうものと見込まれています。
現時点で大規模なクラウドサービスを提供できる実績のあるクラウドサービスプロバイダはAmazonとGoogleそしてMicrosoftの三社ですが、先行しているAmazonですら障害が発生した際に大規模な影響を及ぼしている状況を考慮してAppleは安定したユーザーエクスペリエンスを重視し自前主義にこだわらない選択をしたようです。

ユーザーのデータはAzureとAWSでストライピングされる模様ですが簡単にいうと巨大なRAIDシステムが構築されると思えばわかりやすいでしょうか。
AWSはともかく再後発のAzureにとってもこれはチャレンジと言えるようですが既に世界で24箇所のデータセンターを構築済みで正念場を迎える準備は万端です。

ここで興味深いのはAWSではOSは自由に選べるようですがAzureではWindowsベースでなければならないため、運用の複雑さを避けるためにAWSの下にWindowsサーバをアロケートするという選択がされるようです。つまり言い換えるとiCloudは完全にWindowsで構築されるクラウドサービスといえます。安定した新規サービスを立ち上げるためには現実的な選択をいとわないAppleの戦略には並々ならぬ決意を感じます。

「ブロガー名刺」を作ってみた 2011年6月12日

Posted by sei in social.
add a comment

オフ会や懇親会などでの名刺交換のとき、仕事名刺で名刺交換をしてもTwitterアカウント名が載っていないので今ひとつでした。そんな悩みを解決するには巷で言うところの「ブロガー名刺」を作るしかないと思い立ちググッてみればいくつかある中で”“が付くほど有名なのが前川企画印刷さんということが分かりました。しかも歩いて行ける距離だと判明。灯台下暗しとはこのことかと早速Webから申し込むと一両日しないうちにデザイン入稿依頼の返信がきました。

さてこのときどういうカタチで送ればいいのかと思案しましたがGoogleDocsで作成して共有すればいいということを思いつき無事入稿。

すると翌日には”お名刺の校正が出来ました“という返信が。少々の手直しのやり取りを行い校了の後印刷へ。片面カラー100枚で送料込み1300円という安さ。しかもこのクォリティだし会社は大丈夫なんでしょうか?条件はただトラックバックすることだけです。

納品は折角なので郵送ではなく出向いて受け取りに行くことに。訪問のアポイントを取り、あいにくの大雨の中徒歩で訪れました。
担当のプランナー中尾氏が待っていて下さり、色々お話をうかがいました。名刺に入れてもらった座右の銘についての話や前川企画印刷さんは神社関係にも顧客が多いという話など多岐にわたる興味深い話をしてくださいました。

土砂降り過ぎて会社の外観写真が取れなかったのは残念ですが晴れてる時の会社外観をGoogle Street View