jump to navigation

イランが主張する米軍無人機( RQ-170)のハッキング手法には疑問が多い 2011年12月18日

Posted by sei in military, security.
trackback

先月イランが米軍無人機 RQ-170 Sentinelをほぼ無傷で捕獲(鹵獲)することに成功したと報じられ一週間ほど後に画像も公開されましたが、意外にも以前から指摘されていたGPS(Global Positioning System)の脆弱性を利用した攻撃手法が使われたと説明されています。

GPS spoofing(なりすまし)” という従来から知られた手法を用いたとイラン当局は主張しています。

にもかかわらず無人機にサイバー攻撃を仕掛けるためには少なくとも次の3つのステップが必要とされ、イラクの能力を考慮すると疑問視する声が。

1. 高々度(40,000フィート以上)にいる小さな無人機(Drone)の探知

2. 軍用GPS信号の妨害

3. Droneに新たな着陸ポイントを指示

民間使用のGPSは簡単にハッキングできるのに比べれば軍用GPS信号のハッキングは高度な暗号を解読しなければならず、かなりハードルが高いチャレンジです。

イランの核開発を技術支援しているといわれるロシアの関与が取り沙汰されていますが、100%絶対に安全なセキュリティもありえないのも事実です。

イランには本当にスーパーハッカーのチームがいるんでしょうか?

(via  The Christian Science Monitor )

広告

コメント»

No comments yet — be the first.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。