jump to navigation

iOS5の初期設定ではSiriでパスコードロックを迂回できる 2011年10月22日

Posted by sei in iOS5, iPhone, iPhone4S, security, Siri.
trackback

iOS5ではアクセシビリティの大幅な向上が謳われていますが、パスコードロックをしていてもSiriを使えばアドレス帳などがダダ漏れになってしまうことが話題になっています。もちろんSiriでできることは全て可能なので電話をかけたりメール送信などほぼすべての機能にアクセスできてしまいます。(現時点ではiPhone4SのみSiriが使えます)

個人情報を保護する目的でパスコードロックをしているならSiriの設定を“パスコードロック中はSiriにアクセスできません”にしておく事をオススメします。
設定の場所は”一般“==>”パスコードロック“==>Siriのスライドスイッチ で。

via Chris Pirillo

広告

コメント»

No comments yet — be the first.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。