jump to navigation

MacBook Air (Late 2010)付属USBドライブを有効利用する 2011年9月5日

Posted by sei in Lion, Mac OS X, MacBook, Snow Leopard.
trackback

MacBook Air (Late 2010)に同梱されていたソフトウェア再インストール用ドライブ(USB)にはMac OS X 10.6 Snow Leopard インストーラが書き込まれており、リカバリーディスクとして使える林檎印のクールな8G USBメモリですが、通常のアクセスでは読み出しのみ可能な状態にロックされており普通のUSBメモリとして使用できません。Mac OS X 10.7 Lionにアップデートしてしまえば今更 Snow Leopardからのリカバリーはいらないし、なんとか有効利用できないかとお考えの方々も多いかと思います。

このUSBをアンロックしてくれる便利なツール(注意:Windowsのみ対応)があったのでstep by stepで使用方法を。

1. SM32Xtest というツールをこの辺とかからダウンロード

2. Windows 7, Vista または XP マシン(仮想環境でも可)にUSBを接続して   sm32Xtest.exe を実行

3. “Scan USB”をクリックして該当するUSBメモリを選択し”Start”をクリック

4. 数秒で未フォーマット状態になるのでWindowsやMacでフォーマット

  注意:USBの中身は”完全に”消去されるので自己責任で

ガイド動画 Hack your MacBook Air Drive

広告

コメント»

No comments yet — be the first.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。