jump to navigation

Internet Explorer(特に6.0)のユーザーはIQが低いという解析結果。 それでも使い続けますか? 2011年7月31日

Posted by sei in browser, Camino, Chrome, Internet Explorer, Opera, Safari.
1 comment so far

先日カナダ・バンクーバーの心理コンサルティング会社AptiQuant使用しているブラウザの種類とIQスコアには明らかな相関が認められたと発表して物議をかもしています。無料のIQ測定サイトを提供して10万人を超える16歳以上のデータを集めて解析していますが、ブラウザ使用者ごとのIQスコアを調べるとオドロキの結果が

Internet Explorer 6 のユーザー :  なんとかIQスコア80を少し超える
Firefox と Chromeのユーザー    :  堂々のIQスコア110前後
Opera とCaminoのユーザー      :  圧倒のIQスコア120前後

2006年時点ではInternet Explorer 6と7のユーザーのIQスコアは抜きん出ています。

IEのバージョンが新しくなるほどIQスコアも上がる傾向がうかがえます。

IE6を使い続けることの弊害を理解できるリテラシーとブラウザを乗り換えるというスキルの両方がなければIE6の使用をやめられないとすれば、IE6はいわゆる情報弱者のブラウザとなってしまっている可能性が大です。翻って考えるとIQレベルの高い人々は常にその時々の最善のブラウザを使っている、ともとれます。

少しトリッキーな使い方ともいえるIEをChrome フレームで使う人々のIQスコアが高いのも当然でしょう。

IE6での表示互換性の維持に多大な困難が伴うことからマイクロソフトはThe Internet Explorer 6 Countdownを絶賛開催中ですが、そもそも対象となっているIE6を使い続けている人たちにはメッセージが理解されにくい、到達しにくいのが現状であり目標を達成するのは前途多難です。

当然のことながら、熱心なIE党の人々の怒りを買うのは火を見るより明らかですが、当のAptiQuant社CEOのLeonard Howard氏は「IEを使っているからあなたのIQが低いという訳ではないが、IE使用者にIQが低い人々が多いのは明らかだ」と燃料投下を怠りません。またもし訴えられても今回のレポート(PDF)には根拠となる科学的データとログがあると自信満々の様子です。

結論:あなたがMacユーザーならもっともクールなのはCamino、 WindowsユーザーならOperaということでしょうか・・

2011 8/14 追記 このレポートはでっち上げだと判明しました。検証はこちら(もっともらしく作られたニセのサイトを見破る方法について)

広告

MacBook Pro 、 MacBook 、 MakBook Air のバッテリーパックに脆弱性 2011年7月24日

Posted by sei in MacBook, MacBook Pro, security.
add a comment

8月に開催されるBlack Hat security conferenceでセキュリティ研究家のCharlie Miller氏がApple製ノートパソコンのバッテリーパックに使われているTexas Instruments社製マイクロコントローラチップのファームウェアパスワードは工場出荷時の初期設定のままであり、脆弱性が存在すると発表する予定です。Miller氏は2009年にリリースされたMacBookのバッテリーに関するソフトウェアアップデートの内容を解析して二つのパスワードを取得。そしてバッテリーパックのファームウェアを完全に掌握できたそうです。その結果可能になる/なるかもしれないのは、 バッテリーパックを永久に無効化 (できた) 過充電、過放電を引き起こさせ発熱や発火を誘発する (かもしれない) システムにマルウェアを注入する (かもしれない) 異常過熱などは構造上の安全対策が施されているので意図的に発火まで引き起こさせるのは難しいですし、またマイクロコントローラチップからOSへのアクセスが直ちにできるわけではありませんが、インターフェースになんらかの脆弱性が見つかれば可能だとMiller氏は断じています。 この脆弱性が問題なのはハードディスクを入れ替えてOSを再インストールしたりBIOSを書き換えたりしても効果はなくバッテリーパックを外すまで脆弱性が存在し続けることです。Miller氏は試行錯誤の末7個のバッテリーパックをダメにして自らの発見を実証しています。

完全に無効化されたバッテリーパックたち

彼はさらにBlack Hatの席上この脆弱性に対する修正としてパスワードをランダムに変更する“Caulkgun”という ツールを発表する予定です。このツールにより脆弱性は修正されますがAppleのオフィシャル・アップデートの妨げになってしまうのが問題だと述べています。すでにAppleとTexas Instrumentsに連絡済みとしていますが今のところ返事はないそうです。 Miller氏いわく、“誰もこれがセキュリティ上の脅威とは思っていなかった、これで何ができてしまうのか全てを知るのは困難だ”

via Forbes

 2011 08/06 追記

Charlie Miller氏が Black Hat USA 2011 でプレゼン後にリリースした概要とスライド、そして“Caulkgun”ツールはこちら

Mac OS X 10.7 LionでFront Row を使うには (iTunes を10.4にアップデートしていても) 2011年7月23日

Posted by sei in Lion, Mac OS X, MacBook, MacBook Pro, Snow Leopard.
add a comment

LionでFront Rowがなくなって困っている方が多いのかわかりませんが、LionでもFront Rowを使用可能にする方法がありました。

Snow Leopardから以下のファイルをLionの同じ場所にコピー

/System/Library/CoreServices/Front Row.app

/System/Library/PrivateFrameworks/BackRow.framework

/System/Library/PrivateFrameworks/iPhotoAccess.framework

/System/Library/LaunchAgents/com.apple.RemoteUI.plist

/Applications/Front Row.app

または FrontRow Enabler for Lion をこちらの下方のリンクからダウンロードしてインストール

iTunes 10.4にアップデートしてうまく動かなくなった時は例えば  iTunes Music > Movies のエイリアスをFront Rowがアクセスしている  Home > Movies フォルダに置けば対処できるようです。

いずれMac App Storeで販売するかもという噂もありますが、あくまでも自己責任でお試しを

via 9to5Mac

 

7/31 追記:iTunesを 10.3 に戻せば Front Rowの ‘Music’を復活できるという報告と動画がありました。でもフランス語です・・

 

 

 

ダイエット飲料をガブ飲みすると食欲を刺激して余計に太ってしまうという報告 2011年7月3日

Posted by sei in diet, health.
add a comment

6月下旬からSan Diegoで開催されていた第71回米国糖尿病学会議カロリーゼロを謳うダイエット飲料を多めに摂取している人々は飲んでいない人々に比べて腹囲が大きいという統計結果になったという報道がありました。

カロリーゼロなのになぜ体重が増加するのか疑問に感じたのでソースを調べて確認してみました。するとわかったのは最もポピュラーな人工甘味料であるアスパルテームに問題がありそうなことでした。

アスパルテーム飲料をある程度(上記グラフの横軸の単位は不明 リットル?)摂取すると食欲が刺激されて余計に食べてしまい、更にまずいことに満腹感を感じるのを阻害されます。この二つの作用で飲料からのカロリー摂取は抑えられるものの大食いすることで結果としてカロリーの摂取量が増えてしまうわけです。

さらにマウスの実験ではアスパルテーム摂取群の血糖値が高く膵臓の細胞にも変化が見られたと報告されています。

それでも砂糖が入っている飲料はもっとダメダメなのはいうまでもありません。

結局何を飲めばいいのかという質問に上述の統計を発表したテキサス大学のHazuda教授は言っています、” 水 を 飲 め  と・・