jump to navigation

iPhone4宇宙へ スペースシャトル最終便で国際宇宙ステーションに 2011年6月10日

Posted by sei in iPhone, ISS, space, WWDC.
trackback

2011年7月8日(UTC) 打ち上げ予定のスペースシャトル最終ミッション(STS-135)で二台のiPhone4がISS(国際宇宙ステーション)に運ばれることが2011WWDCでAppleからアナウンスされました。

搭載されるのは特別バージョンなどではなく市販のものと同じiPhone4です。企画したのはOdyssey Space Research, L.L.C.というNASA関連の研究開発会社で搭載実装はNanoRack社が担当しています。SpaceLab for iOSというアプリがインストールされておりすでにApp Storeでリリースされています(¥115)。

このアプリには四つのリンクと下記の四つの機能が実装されています。

1: Limb Tracker  地球の水平線(地平線)の曲率から高度を推定する

2: Sensor Calibration (Sensor Cal) QR barcodeを撮影して加速度計と三軸ジャイロセンサーのキャリブレーション

3: State Acquisition (State Acq) 地表を撮影して海岸線の形状をマッチさせて緯度と経度を推定する

4: Lifecycle Flight Instrumentation (LFI)  動作状態でのiPhoneの宇宙線暴露試験

あくまでも実験的使用であり実際のミッション運用はありませんが、地球低周回軌道上で使用する事を想定して作られているので一部地上バージョンに変更されているほかはほぼ同じ内容のようです。

画像をクリックして壮麗なイントロムービーをどうぞ

打ち上げの際にはちゃんと機内モードにするんでしょうか?

広告

コメント»

No comments yet — be the first.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。