jump to navigation

iPad2のために腎臓を売った少年 — 臓器売買ブローカーの暗躍 2011年6月6日

Posted by sei in iPad, iPhone.
trackback

いくつかの記事で既報のように5月、iPad2欲しさに中国で17歳の少年が自分の腎臓を闇臓器売買のブローカーに売るという事件が発覚しました。

記事の報道によれば左の腎臓ですが画面では明らかに右側に手術痕が

さて、彼が得たとされる金額は2.2万元(約27万円)で高いか安いかはともかく中国の高校生には大金です。彼は早速iPad2とiPhone4を入手し帰宅しましたが、たちまち母親の知るところとなり、驚愕した母親はすぐに当局に通報しました。三人いたとされるブローカーの携帯は当然のことながらすべてつながらず、手術を行った病院は突き止められたものの泌尿器科が独自の契約に基づいてしたことであり、病院には関係ないと主張する不可解な状況であり、捜査は継続中です。

(image via mygreatiphone.com)

外国人向け末端価格で安くても約300万円はするといわれている腎臓。臓器売買の闇は深い。

広告

コメント»

No comments yet — be the first.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。