jump to navigation

Late 2008のMacBook/MacBook Proでも8GBのメモリを使える 2011年5月3日

Posted by sei in MacBook, MacBook Pro, Snow Leopard.
trackback

いささか旧聞に属しますがLate 2008 MacBook/MacBook Proでも運がよければ8GBのメモリを使用可能にできるので手順を。

まず物理的にはメモリスロットが二つあるので4GB×2=8GBで増設可能ですが6GB以上では逆にマシンのパフォーマンスが極端に落ちてしまうと報告があります。ところが一定の条件を満たしていればなんら問題なく使えることが判明しました。

背景:ソフトウェアアップデートでは最新EFIのアップデートが全て表示されるわけではない。しかもEFIアップデートの内容はすべてが明らかにされているわけでなく(光学式ディスクが発生するノイズ対策なんかより重要なことでも・・)、 該当機種で8GBが認識可能になっているEFIがあればマニュアルでアップデートを行えばメモリの最大容量を8GBにできる。

該当機種は:

  • MacBook 13.3″ 2.0GHz と 2.4GHz
  • MacBook Pro 15″ 2.4GHz (すべて)
  • MacBook Pro 15″ 2.53GHz    w/ExpressCard Slot (Late 2008)
  • MacBook Pro 15″ 2.8GHz      w/ExpressCard Slot (Late 2008)

そしてシステムプロファイラを起動し”機種 ID”と”ブートROMのバージョン”を確認

最新のEFIになっていれば

・機種 IDが MacBookPro5,1 のMacBook Pro

—————–> ブートROMのバージョンが MBP51.007E.B05

・機種 IDがMacBook5,1 のMacBook

—————–> ブートROMのバージョンが MB51.007D.B03

・他の機種 IDは該当しません、残念。

機種 IDと ブートROMのバージョンが一致していなければEFIが最新ではないのでマニュアルでアップデートします。
あとはOSがOSX 10.6.6. Snow Leopard 以降であれば8GBメモリを使えます。
当然のことながら自己責任でお試しください・・・
(sorce)
広告

コメント»

1. ゆめみるうみそら 夢見海空 » MacBook Pro 2008 late のメモリ増設 - 2013年3月12日

[…] Late 2008のMacBook/MacBook Proでも8GBのメモリを使える […]


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。